会社員がバス釣りについて語ること

子育て会社員バサーによる釣りブログ

オット・デフォーによる11月のルアー4選

家庭ができて短時間の釣行が多くなってから、ルアーよりも場所や水深で悩んだ方がいいと思うようになった。 ルアーは定番をしっかり抑えておけばいいか、ということで僕の好きなオット・デフォー氏のYouTubeから、Pick 4 | Baits For November - YouTubeとい…

【瀬田川】石積みが好きになった

妻と娘が2人で出かけるため、またも瀬田川に繰り出すことができた。連発はしなかったものの、狙って釣れたような気がする秋の日。 釣行の記録 下流へ テキサスリグで石積みを釣る クランクベイトを投げる 石積みにネコリグを投げる 考えたこと 釣行の記録 20…

【瀬田川】かろうじて釣れた

ちょっと時間ができたのでなんとなく瀬田川に行ってきた。ほとんど初めての場所だが、なんとか(小バスが)釣れたのでそれなりに満足。 釣行の記録 ジャックハンマーでサーチ ワームを投げたい なぜかベイトが現れ、そして釣れる 考えたこと 釣行の記録 2021…

【ノウハウ】釣りバリのひみつ

考えるキッカケに なぜこれだけの種類があるのだろう ルアーを選ぶように さいごに 考えるキッカケに 僕にとっては釣りといえばほとんどバス釣りのことなのだけど、最近はもっとおおらかに色んな釣りを楽しみたいというか、なんとなく釣りそのものをもっと広…

【タックル】ゴム張ガン玉を買った

スプリットショットのシンカーとして、「ゴム張ガン玉 ハードタイプ(ヤマワ産業)」を購入した。これがなかなかよさそうなので文章を書くことにする。 ヤマワ産業ってバス釣り界隈では余り名前を聞かないメーカーだと思うのだけど、そういうところも含めて…

【京都某河川】バスはどこかとたずねたら

バスの居場所を尋ねる相手は言うまでもなくバスであるべきである。頭ではわかっていても、僕はついつい人間側の都合や思い込みで釣りの内容を決めてしまっている。 バスのことはバスに聞け、少なくともバスの目線で考えよう、そんなことを悟ったような気がし…

【京都某河川】有言不実行の行方

桑田佳祐のCMを見てつい、ユニクロのジーンズを買ってしまった。10年以上ぶりにユニクロのセルビッジを買ったことになる。当時は良い色落ちのために苛酷に履きこんで、とっても気に入っていたのだけどバイトで膝に穴をあけて捨ててしまったんだった。懐かし…

【タックル】シマノ 17セドナがちょうどいい

僕はバス釣りを始めてからほとんどの期間において、シマノの17セドナ2500をコツコツと使っている。 不満がない訳ではないのだけど、なんといっても愛着が出てきた(このへんは熟年夫婦にも似た趣きがあるかもしれない)し、記事を書くことにした。 ちなみに…

【京都某河川】’21初秋の短時間釣行

前回の釣果に気を良くして、また釣りに出かけた。当日の気温は22度、だいぶ秋めいてきている。 ※前回の釣行はこちらです。 businesspersonbassfishing.hatenadiary.com 釣行の記録 瀬にはご不在 見えバス一発 考えたこと まとめ 釣行の記録 2021年9月下旬 気…

(主に)京都市の釣具屋さんまとめ

観光や出張ついでに釣具屋さんに行きたい方のために、主に京都市内の釣具屋さんをまとめてみました。京都にお越しになる際にご活用ください。 あくまでも一個人によるまとめなので選択の偏りなどはご容赦ください。 2021年9月の情報です。 Lure Fishing Shop…

僕でも釣れるルアー TDミノー1091(TDミノー 95sp)

およそ1年振りに釣りに関する文書を書く。子育て(ますますおてんばになる娘)や異動で忙しくなり、あっという間に時間がたってしまった。 そんな生活にも体が慣れ、気持ちも余裕を取り戻すと、自然と釣欲が湧き上がってきた。およそ1年振り、満を辞して出か…

僕でも(川スモールが)釣れるルアー イモ

暑い中懲りずに近所の川へ。早朝、ローライトなうちはいつものスティーズペンシル。 (このルアー好きです。僕でも(川スモールが)釣れるルアー スティーズペンシル - 趣味としてのバスフィッシング) ボイルはしていないけれど、ベイトが追われていたとこ…

僕でも(川スモールが)釣れるルアー スティーズペンシル

川スモールの釣りは楽しい。さすがにこうも暑いとちょっと辛いけど自転車移動は気持ちいいし川辺の景色は素敵だし、何よりスモールってラージと釣れる場所が全然違って新鮮で面白い。 今回はいつもと違うポイントに入ってみることにした。カレントの強い場所…

僕でも(川スモールが)釣れるルアー サターンワーム

前回の釣行(僕でも釣れるルアー3 サミー65 - 趣味としてのバスフィッシング)にて釣れた魚を求め、自転車で再度近所の川へ。 例の魚が1分に1回ほどボイルしている。前回同様サミー65を投げ高速ドッグウォークすると、やっぱり釣れた。 (マジだった、、) L…

僕でも釣れるルアー3 サミー65

思い付きではじめたブログだけど、日々忙殺されているとなかなか定期的な更新は難しい。定期的な更新はおろか、ブログの存在すら忘れ、そもそも釣りにすらいけない日々が続いていた。 僕は大津から車でだいたい1時間のところに住んでいるので、(恵まれた環…

BPT ヘビーヒッター戦 2

BPTのヘビーヒッター戦が終了。大森貴洋選手は準決勝20位で、残念ながら決勝進出ならず。序盤、1位だったんですが、残念である。 準決勝はライブを見ていたんだけど、ウィードベッド(ハイドリラ?)でチャターとバイブを投げているのは確認できた。 【6/15…

BPT ヘビーヒッター戦 1

大森貴洋選手がキシミーでの予選B組初日を10位でスタートしましたね。 SCORETRACKER™ INSIDER: What the Insider Tells Us About Ott DeFoe’s Week - Major League Fishing (せっかく深夜まで自宅で仕事していたのに、見忘れていた、、そのため釣り方は不明…

僕でも釣れるルアー② ジジル70

前回の琵琶湖から約2週間。久しぶりの釣行のことを思い出す。外の空気をたっぷり吸い、太陽の恵みを享受した。そしてなにより、ジャークベイトで釣れた。釣りは楽しいと心から思った。湖畔の犬のウ⚪︎コすら愛おしいと思えるほどに、自分が釣りを求めていたこ…

僕でも釣れるルアー ステイシー90SP Ver.2

久しぶりに琵琶湖へ行ってきた。釣行を文章にするのは初めての試みだけど、そもそも僕のようないわゆるド素人の解説を読みたい方はほとんどいないだろうし、あくまでもルアーの紹介という形にしようと思い立った。これなら「このルアーならコイツでも釣れる…

釣りの合間に読む本② バス釣りビッグフィッシュパターン

来月にはBASSとBPTが開催されますね。こんなことで日常が戻ってきたことを実感するのもおかしな話だけど、とにかく喜ばしいニュースである。僕としては最近はBPTに興味が集中していたんだけど、伊藤巧選手のエリート参戦により、エリートの動画もチェックし…

トリックワームの使い方

トーナメントで勝つためには人と違うことをやるのも重要だというような趣旨のことをどこかで読んだ記憶があって、釣りをするときに僕がよく思い出すアイデアの一つになっている。誰の発言だったかたしかなことは思い出せないのだけど、ランディ・ハウエルだ…

(ベビー)ブラッシュホッグとエスケープツイン

僕はテキサスリグが好きだ。 一般に言われているメリットはもちろん、琵琶湖のおかっぱりの場合、特に南湖東岸はウィードも含め目視しやすいカバーを打つことが多いから出しどころが多いし、スイムジグと同じ竿で行けちゃうところも携行性という点で大きなメ…

水温というファクター

MLFのウェブサイトにアップされているKVDの記事が面白かった。真偽の程はさておき、ポイントをピックアップしておこうと思う。 ・25年くらい前まで、水温はバスの行動を決める第一のファクターと思われていた。 ・コールドフロントで水温が下がっても魚はシ…

スピニングでトップウォーター

桜が咲いて綺麗である。暖かくなるとともに、まるでつくしが生えてくるみたいにトップで釣りたいという気持ちが少しずつ大きくなってきた(変な例えだ)。とはいえなかなか釣りに行けないので、少しずつ情報を集めていくつもりである。 そこそこのサイズをい…

オットデフォーのウェイクベイト

BPTの第3戦は見事な大逆転でオット・デフォーが優勝した。ラストはかなりのラッシュで、入れ食ってるときなんて計量してる間にキャスト、そしてリリース直後にフッキングなんていうシーンもあって見応えがあった。 で、いつものようにMLFのサイトを見ている…

KVDのジャークベイト

KVDがジャークベイトについて解説している動画が面白かったので重要そうなところを抜粋しておこうと思う。 ・ジャークベイトは魚を探すときに頼りになる。 ・広いエリアをカバーできて効率がいい。 ・正しくジャークベイトを使い弱ったベイトをイミテートで…

釣りの合間に読む本 バス・フィッシングの基本と戦略

バス釣りを始めてしばらくたった頃、インターネットに溢れる宣伝混じりの情報が嫌になって「ここはひとつ本でも買って読まなきゃな」と思って買った本が林圭一氏の「バス・フィッシングの基本と戦略」だった。 バスの習性やシーズナルパターン、(出版当時の…

大森貴洋のジャックハンマー

2020年のBPT第2戦におけるElimination roundを大森貴洋選手が1位通過して、使ったタックルについて語った動画がYouTubeにアップされていた。 ジグとジャックハンマー DAIWABM - YouTube関連動画より引用 を投げていたとのことで、たしかにグリパンのジャック…

琵琶湖でタイニークランク

僕のバス釣りはもっぱら琵琶湖の南湖、それも東岸のおかっぱりである。琵琶湖が家から近いことと、濁っている方が釣りやすいというのがその理由だ。 そんな南湖東岸のおかっぱりではリップラップの攻略は避けて通れないと思うのだけど、クラッチDRとかワーミ…

【ルアー】アラシバイブレーションと2019年のクラシック

ふと時間ができたので2019年のクラシックの映像を見た。今さら、と思った方もおられるだろうが、何を隠そうサラリーマンには時間がないのである。このブログだって下書きのままにしているうちにBASSもMLFも2020年のシーズンが始まってしまった。 まあそれは…