会社員がバス釣りについて語ること

子育て会社員バサーによる釣りブログ

【瀬田川】かろうじて釣れた

ちょっと時間ができたのでなんとなく瀬田川に行ってきた。ほとんど初めての場所だが、なんとか(小バスが)釣れたのでそれなりに満足。

 

 

釣行の記録

2021年11月初旬
気温20度
晴れ

北西風 約2m
14:30-17:30
水温未計測

 

ジャックハンマーでサーチ

晴れているが風が吹いていて流れもある。これくらいならバズでも食うだろという判断の元、唐橋の上流側右岸からサーチを開始する。初めての場所ということもあり、大好物である岸から10m以内くらいを意識することにした。途中、若干風が強くなってきたのでジャックハンマーに変更。

結局石山寺駅南の温泉宿くらいまで目立つ流れ込みや杭などの要所で粘りつつ釣り進むも、ジャックハンマーにバイトらしきものが一度あっただけ。

切れたウィードが多く、トラブルフックのルアーは投げにくいか。小魚が目視できてもいいような気がするのだが不在なのが気になる。ベイトもレンジを下げているのか?

 

ワームを投げたい

ウィードも見つけたのでもう少しスローに釣りがしたいのだが、今日はワームを持ってきていない。最近H-1グランプリ完全読本を読んだばかりで、イキっているからである。ワームは全て家に置いてきたのだった。

テキサスリグを夢見ながら、ジャックハンマーよりスローに巻ける?RTOに変更。結構な頻度で切れたウィードが絡むがしょうがない。場所は今日歩いたなかでは下流に位置するストラクチャー。日も暮れてきたので粘ることに決める。

 

なぜかベイトが現れ、そして釣れる

夕暮れの中、ルアーを投げていると時々水面に波紋が出るようになる。これはと思いリップフラッシュ110FMDを結ぶ。

スローにただ巻きしていると2度目のアタリで釣れた。

f:id:businesspersonbassfishing:20211104082501j:image

何気に買っていたハカリも入魂。315gの可愛いバスが釣れた。ハードベイトだと小さくても嬉しい。

 

考えたこと

  • ベイトはどこから現れたのか分からないが、ローライトになってレンジを上げたのだろうか。あるいはバスに追われるようになって出てきた?
  • ベイトがいると釣れる。目視できないとき、あるいはレンジが深い時にどうするか。(おかっぱりの限界か?)
  • ハードベイトの釣りは楽しい。