会社員がバス釣りについて語ること

子育て会社員バサーによる釣りブログ

ルアー

オット・デフォーによる11月のルアー4選

家庭ができて短時間の釣行が多くなってから、ルアーよりも場所や水深で悩んだ方がいいと思うようになった。 ルアーは定番をしっかり抑えておけばいいか、ということで僕の好きなオット・デフォー氏のYouTubeから、Pick 4 | Baits For November - YouTubeとい…

僕でも釣れるルアー TDミノー1091(TDミノー 95sp)

およそ1年振りに釣りに関する文書を書く。子育て(ますますおてんばになる娘)や異動で忙しくなり、あっという間に時間がたってしまった。 そんな生活にも体が慣れ、気持ちも余裕を取り戻すと、自然と釣欲が湧き上がってきた。およそ1年振り、満を辞して出か…

僕でも(川スモールが)釣れるルアー イモ

暑い中懲りずに近所の川へ。早朝、ローライトなうちはいつものスティーズペンシル。 (このルアー好きです。僕でも(川スモールが)釣れるルアー スティーズペンシル - 趣味としてのバスフィッシング) ボイルはしていないけれど、ベイトが追われていたとこ…

僕でも(川スモールが)釣れるルアー スティーズペンシル

川スモールの釣りは楽しい。さすがにこうも暑いとちょっと辛いけど自転車移動は気持ちいいし川辺の景色は素敵だし、何よりスモールってラージと釣れる場所が全然違って新鮮で面白い。 今回はいつもと違うポイントに入ってみることにした。カレントの強い場所…

僕でも(川スモールが)釣れるルアー サターンワーム

前回の釣行(僕でも釣れるルアー3 サミー65 - 趣味としてのバスフィッシング)にて釣れた魚を求め、自転車で再度近所の川へ。 例の魚が1分に1回ほどボイルしている。前回同様サミー65を投げ高速ドッグウォークすると、やっぱり釣れた。 (マジだった、、) L…

僕でも釣れるルアー3 サミー65

思い付きではじめたブログだけど、日々忙殺されているとなかなか定期的な更新は難しい。定期的な更新はおろか、ブログの存在すら忘れ、そもそも釣りにすらいけない日々が続いていた。 僕は大津から車でだいたい1時間のところに住んでいるので、(恵まれた環…

僕でも釣れるルアー② ジジル70

前回の琵琶湖から約2週間。久しぶりの釣行のことを思い出す。外の空気をたっぷり吸い、太陽の恵みを享受した。そしてなにより、ジャークベイトで釣れた。釣りは楽しいと心から思った。湖畔の犬のウ⚪︎コすら愛おしいと思えるほどに、自分が釣りを求めていたこ…

僕でも釣れるルアー ステイシー90SP Ver.2

久しぶりに琵琶湖へ行ってきた。釣行を文章にするのは初めての試みだけど、そもそも僕のようないわゆるド素人の解説を読みたい方はほとんどいないだろうし、あくまでもルアーの紹介という形にしようと思い立った。これなら「このルアーならコイツでも釣れる…

(ベビー)ブラッシュホッグとエスケープツイン

僕はテキサスリグが好きだ。 一般に言われているメリットはもちろん、琵琶湖のおかっぱりの場合、特に南湖東岸はウィードも含め目視しやすいカバーを打つことが多いから出しどころが多いし、スイムジグと同じ竿で行けちゃうところも携行性という点で大きなメ…

オットデフォーのウェイクベイト

BPTの第3戦は見事な大逆転でオット・デフォーが優勝した。ラストはかなりのラッシュで、入れ食ってるときなんて計量してる間にキャスト、そしてリリース直後にフッキングなんていうシーンもあって見応えがあった。 で、いつものようにMLFのサイトを見ている…

KVDのジャークベイト

KVDがジャークベイトについて解説している動画が面白かったので重要そうなところを抜粋しておこうと思う。 ・ジャークベイトは魚を探すときに頼りになる。 ・広いエリアをカバーできて効率がいい。 ・正しくジャークベイトを使い弱ったベイトをイミテートで…

大森貴洋のジャックハンマー

2020年のBPT第2戦におけるElimination roundを大森貴洋選手が1位通過して、使ったタックルについて語った動画がYouTubeにアップされていた。 ジグとジャックハンマー DAIWABM - YouTube関連動画より引用 を投げていたとのことで、たしかにグリパンのジャック…

琵琶湖でタイニークランク

僕のバス釣りはもっぱら琵琶湖の南湖、それも東岸のおかっぱりである。琵琶湖が家から近いことと、濁っている方が釣りやすいというのがその理由だ。 そんな南湖東岸のおかっぱりではリップラップの攻略は避けて通れないと思うのだけど、クラッチDRとかワーミ…

【ルアー】アラシバイブレーションと2019年のクラシック

ふと時間ができたので2019年のクラシックの映像を見た。今さら、と思った方もおられるだろうが、何を隠そうサラリーマンには時間がないのである。このブログだって下書きのままにしているうちにBASSもMLFも2020年のシーズンが始まってしまった。 まあそれは…