会社員がバス釣りについて語ること

会社員バサー(育児中)による釣りブログ

【瀬田川】TDバイブで早春のバスを釣る

早春の瀬田川でバスを釣ることができた。低水温期の定番とされるバイブのリフトアンドフォールでの釣果。

 

 

釣行の記録

・2022年3月初旬

・最高気温15度?

・晴れ→雨

・11:00-16:00

・水温 未計測

 

琵琶湖東岸からスタート

この日は最高気温15度の予報、数日前から最高10度を超える日が続いていることから、南湖東岸に入ってくるであろうバスを釣る作戦をたてる。

いくつかの湖岸緑地を周り、TDバイブレーションType-R、同スティーズカスタムのリフトアンドフォール(少し沖)やスクエアビル(リップラップ)、1/2ozのスピナーベイト(カバー周辺)を試していく。

川鵜?のような鳥がベイトを捕食しているところにも遭遇、風も吹いて良さそうに感じたが反応が得られず移動を決断。

なお、途中風が強すぎたタイミングではサボっていた。

 

瀬田川へ移動

ハンバーガーを食べながら瀬田川へ移動することに。琵琶湖西岸も1ヶ所頭をよぎったが、車を停められないと悲惨なのでやめておくことにした。

ここでも浅い側をジャークベイトなどで釣ってみるものの、反応なし。東岸でも頑張ったが反応はなかったので、シャローフラット(やワンド?)を釣るには時期尚早と判断、カケアガリを釣ってみることにする。

風があるのでワームではなくTDバイブレーションのリフトアンドフォールを選択、数投でバイトがあり、無事に初バスを釣ることができた。

f:id:businesspersonbassfishing:20220307210337j:image

同じ場所で釣りをするも反応はなし。似たような場所を1ヶ所だけ試すも、時間切れとなった。

 

考えたこと

・TDバイブのリフトアンドフォールは本当に釣れるテクニックだった。

f:id:businesspersonbassfishing:20220307223436j:image

・まだ、シャローフラットでは釣れない?

・西岸の引き出しが必要か。

・瀬田川に移動してすぐカケアガリを釣ればもう1匹位釣れたかも。

・釣りを変えるのが遅い気がする。次の釣りでは15分ごとにタイマーを鳴らしてみる。

 

今日のルアー

・TDバイブレーションType-R

・TDバイブレーションSTEEZカスタム

・RC2

・TOスピナーベイト (ビーカスタム コロラドブレード)