会社員がバス釣りについて語ること

子育て会社員バサーによる釣りブログ

趣味としてのバスフィッシング

釣りを初めて4年になる。会社員になって7年10ヵ月なので、今のところ社会人人生のおよそ半分の間、バスフィッシングを趣味として過ごしてきたことになる。

初めに通い詰めたのは岐阜県の五三川である。初めてのバスもここでキャッチした。およそ2年前に転勤してからは琵琶湖でバス釣りをしている。2019年は念願であった50upを3匹キャッチすることができた。

釣果はともかくとして(どうせ僕には大して釣れないのだ)、ルアー釣りは悪くない趣味である。さまざまなテクニックを試すのはエキサイティングだ。あれこれ妄想しながらルアーを買うのも楽しい。外に出て自然と触れ合うのも実に健康的だ。それに競技としてのバスフィッシングはその魅力を確立している。

このブログではサラリーマンの僕がどのように趣味としてのバスフィッシングを楽しんでいるのかを伝えたいと思う。そして同じ会社員アングラーの方々とささやかに楽しさをを分かちあえたら、これ以上の喜びはない。

f:id:businesspersonbassfishing:20200125152538j:image